(←由正妹人妻宮崎葵主演)
篤姬本尊長這樣↓

(天璋院篤姫 江戶無血開城幕後重要角色)

卡司堅強!  (官網)
目前發布的有~

   篤姫宮崎あおい

青春的伙伴們
 小松帯刀:瑛太*
 西鄉隆盛:小澤征悦
大久保利通原田泰造* (這很妙XD)

今和泉島津家
島津忠剛:長塚京三  篤姬生父
  お幸:樋口可南子 篤姬生母
島津忠敬:岡田義徳*   篤姬三哥
  菊本:佐々木すみ江

京都‧近衛家
近衛忠熙:春風亭小朝*

薩摩相
 小松清猷:沢村一樹
   お近:ともさかりえ
 肝付兼善:榎木孝明
 有馬新七:的場浩司
大久保フク :真野響子

鶴丸城(鹿児島城)相關
島津久光:山口祐一郎
島津斉興:長門裕之
 お由羅:涼風真世
調所広郷:平幹二朗 (法皇耶!!)
島津斉彬高橋英樹 篤姬義父,改變幕末時代的幕後推手 XD

德川家
德川家定堺 雅人  德川幕府第13代將軍、篤姬之夫
德川家茂松田翔太*   德川幕府第14代將軍
  和宮堀北真希*   孝明天皇之妹,家茂正妻
德川慶喜:平 岳大*   德川幕府第15代將軍

大奧
 幾島:松坂慶子    
 滝山稲森いずみ 歷家定、家茂、慶喜三代的大奧總管
お志賀:鶴田真由  家定側室  (好久不見啦~)
本寿院:高畑淳子  家定生母
 唐橋:高橋由美子  

江戶城相關
孝明天皇:東儀秀樹*   家慶、家定、家茂、慶喜時之天皇
     村岡:星由里子    
 観行院:若村麻由美 和宮生母,與女兒一起進入大奧
庭田嗣子:中村メイコ  

薩摩江戶藩邸
  英姬:余貴美子    篤姬義母
 小の島:佐藤藍子

幕末政治家
阿部正弘:草刈正雄   
堀田正睦:辰巳琢郎   
井伊直弼:中村梅雀    
坂本龍馬玉木 宏  (千秋さま~~>//////<)
     お龍:市川実日子 龍馬之妻
德川齊昭:江守 徹  慶喜之父
勝 海舟北大路欣也 江戶無血開城幕後功臣  (華麗的爸爸 XD)

註:*為第一次出演NHK大河劇


豪華啊~
兼具青春偶像與演技派強星
精彩可期!
可以想見劇情著重點不會跟大奧一樣  XD

最後 按照慣例
以正妹玉照做個華麗的結束吧!

taker 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(5) 人氣()


留言列表 (5)

發表留言
  • starjam
  • 終於等到玉木宏的新作啦~~~~
  • 玉木宏年底要去演信長 XD
    「敵は本能寺にあり」

    taker 於 2007/10/26 02:44 回覆

  • taker
  • 西郷、大久保に続く「観光資源」
    「篤姫」ブームに沸く鹿児島
    9月18日19時25分配信 J-CASTニュース

     NHKの大河ドラマ「篤姫」の異例の好調ぶりを受け、地元の鹿児島県では、放送開始から半年が経って観光客が急増している。県では「篤姫ブームの余韻は、放送後も続くはず」として、早くも「ポスト篤姫」を見越した提言を発表。篤姫のことを「西郷、大久保に続くニューヒロイン」と位置づけ、貴重な観光資源として生かしていきたい考えだ。

    ■「自分たちの手で勝ち取ったドラマ」

     「篤姫」は、幕末の薩摩藩から徳川の将軍家に嫁いで波乱の人生を送った女性を、宮崎あおいさんが主演するドラマで、大河ドラマとしては47作目。全50回の放送予定で、2008年1月6日の初回放送以来、9月14日の回で37回放送されている。初回の視聴率こそ20.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と低迷気味だったが、最近では23~24%台で推移。安定した水準を保っている。特に、地元・鹿児島県では9月7日放送分の視聴率が41.9%を記録し、同番組初の「40%超え」を達成した。

     「篤姫人気」の理由について、奈良迫英光・鹿児島県観光プロデューサーは、

      「大河ドラマには『チャンバラ』や『戦争』というイメージがある一方、『篤姫』は、現代のドラマ風というか、『家庭っぽさ』が前面に押し出された面があったのでは」

    と分析する一方、地元・鹿児島の立場からは

      「大河ドラマを誘致するときには、鹿児島県民35万人の署名が集まった、という経緯があったので、県民は『自分たちの手で勝ち取ったドラマ』という思いで番組を見ているのでは」

    と、感慨深げだ。

    ■7月から観光客も増える

     地元への影響は、やはり大きいようで、日本銀行鹿児島支店が08年9月3日に発表したところによると、同番組による県内経済効果(08年1月~7月)は171億円。経済効果の主な要因は観光客の伸びで、奈良迫さんは

      「放送が始まった1月から5月にかけて、観光客の伸びが鈍かったのですが、7月から秋にかけて、急に好転したんです」

    と話す。確かに、08年1月~7月に鹿児島県内に宿泊した観光客の数は前年同期比103.9%なのに対して、08年7月に限ってみると、同114.2%で、夏場以降の好調ぶりが際立っている。

     番組終了後にも「篤姫人気」を持続させたい考えで、

      「08年12月の番組終了後も、この(篤姫ブームの)『余韻』は、09年4月ごろまでは続くのではないかとみています。その間、県としては旅行会社の支援などを行っていきたいと考えています」(奈良迫さん)

    と、期待をかける。9月12日には、08年12月の番組終了以降の観光振興策の提言を発表してもいる。提言では、「ドラマは、西郷(隆盛)、大久保(利通)に続く郷土のニューヒロインを生み出した」として、篤姫関連の恒久的な展示施設を検討すべきだ、とした上で、09年は、篤姫の養父・島津斉彬の生誕200周年にあたることから、両者を関連させたキャンペーンの展開を提言している。

  • taker
  • <宮崎あおい>「本当に幸せでした」
    「篤姫」涙のクランクアップ
    9月27日20時17分配信 毎日新聞

     宮崎あおいさん(22)主演のNHK大河ドラマ「篤姫」が27日、クランクアップを迎えた。東京・渋谷のNHK局内で最後の収録を終えた宮崎さんは、第1回からのダイジェスト映像が流されると感極まって落涙。さらに、篤姫の夫、徳川家定役を演じた堺雅人さん(34)が花束を持って登場すると、思わず泣き崩れる一幕もあったが、「1年2カ月、篤姫を生きることが出来て本当に幸せでした」と笑顔で話した。

     ドラマは放送開始以来、視聴率20%以上を保ち、平均視聴率は24%(関東、関西は22.9%)、最高視聴率27.7%(関東)を記録するなど人気を集めている。この日、最終回(12月14日放送予定)で、宮崎さん演じる天璋院(篤姫)が明治16年、享年49歳で静かにこの世を去るラストシーンが収録された。

     宮崎さんは、堺さんの登場で泣き崩れた理由を聞かれると、「堺さんがいたから、徳川の女になることができた。堺さんでなければ、ここまでの“強い意志”は表せなかった」と説明。「1年やってみて、自然に感情が動くようになった。台本に書いていなくても、私自身が好きになるから、どんどんお芝居もうまくなっていくって言うか……、本当に大好きでした」と告白し会場を驚かせていた。

     宮崎さんは、昨年、俳優の高岡蒼甫さん(26)と結婚したばかり。報道陣から夫からはどのようなサポートを受けたかと質問されると、「今日で終わりだと知っていたので『1年間お疲れさま』というメールをもらいました」とうれしそうに答えていた。【栗原拓郎】


  • taker
  • 『篤姫』視聴率28.1 %、最高記録を更新
    10月6日16時2分配信 オリコン

     視聴者の声に応え、第1話からの集中アンコール放送を9月29日(月)からスタートさせているNHK大河ドラマ『篤姫』の5日(日)の本放送が、ビデオリサーチの調べで視聴率28.1%(関東地区・番組平均)を記録、これまでの最高記録27.7%(8月17日・9月7日)を更新したことが、わかった。

     『篤姫』は、8月17日の放送で視聴率27.7%を記録し『利家とまつ 加賀百万石物語』(02年1月20日放送)の27.6%を抜いて00年代における大河ドラマの視聴率最高記録を更新。その後、9月7日の放送でも同27.7%を記録。NHK大河ドラマとしては異例の第1話からの集中アンコールもはじまっており、その後の視聴率推移も注目されていた。

     また視聴率は、1月6日の放送第1回より10月5日の放送まで40週連続で20%以上を記録。過去10年間の大河ドラマにおける視聴率20%超えの最多記録『利家とまつ・加賀百万石物語』の42回に迫る勢いだ。宮崎あおいの人気はもちろん、幕末ものとしてはわかりやすいストーリー展開、そして集中再放送なども手伝って、そのドラマ視聴者は若年層や女性にも広がっているようだ。

    不斷刷新收視紀錄
    新一代的大河劇奇蹟!!!
  • taker
  • 『篤姫』最終回視聴率28.7%、全50回20%超え
    12月15日10時1分配信 オリコン

     NHK大河ドラマ『篤姫』が14日に最終回を迎え、その視聴率がビデオリサーチの調べで28.7%(関東地区・番組平均)だったことが15日(月)、わかった。これで第1回から最終第50回まですべて20%以上を記録したことになる。

     同作は、新進気鋭の女優・宮崎あおいの主演で放送開始当初より注目され、放送回数を重ねるごとに人気も上昇。9月にはそんな視聴者からの希望に答え大河ドラマでは異例ともいえる第1回からの集中アンコール放送を実施した。最終回は70分の放送。若手女優が49歳までの篤姫を演じきった。

     なお、放送期間中の最高視聴率は、11月30日放送の29.2%。また、初回から最終回までの期間平均視聴率としては24.5%となり、1997年放送の『毛利元就』の23.4%を超えて、過去10年で最高記録となった。

    「篤姫」最終回28・7%、平均視聴率は過去10年で最高
    12月15日10時58分配信 読売新聞

     14日夜の放送で最終回を迎えたNHK大河ドラマ「篤姫」の視聴率が28・7%(関東地区)だったことが15日、ビデオリサーチ社の調べでわかった。

     同番組では11月30日放送分の29・2%に次いで2番目。全50回の平均視聴率は24・5%で、過去10年の大河ドラマでは、2002年の「利家とまつ」の22・1%を抜いて、最高となった。

    「篤姫」、12年ぶりの高視聴率=期間平均24.5%
    12月15日10時49分配信 時事通信

     14日夜放送されたNHK総合の大河ドラマ「篤姫」最終回の平均世帯視聴率は関東地区28.7%、関西地区26.2%、名古屋地区27.5%だったことが、ビデオリサーチの調査で15日分かった。初回から最終回までの期間平均視聴率は24.5%(関東地区)で、大河ドラマでは1996年の「秀吉」の30.5%(同)以来の高視聴率だった。 

    篤姬風光下檔
    緯來快買來播吧~