↑三層牛肉、兩層起司、兩片培根&蕃茄、生菜、洋蔥.....
超特大「スーパーメガウェンディーズ」登場
12月11日19時50分配信 毎日新聞

 マクドナルドの「メガマック」から火がついた“大盛り”ブーム。その競争に「メガ超え」をうたうハンバーガーが加わる。「日本ウェンディーズ」(東京都港区)が発売する「スーパーメガウェンディーズ」(500円)だ。12日の発売を前に、一足先に試食した。【岡本同世】 

 ウェンディーズは牛丼チェーン大手「すき家」を経営する「ゼンショー」の傘下。「すき家」で10月に発売した「メガ牛丼」が予想を超えるヒットを記録し、「メガ食品」に対するニーズを確信し、「スーパーメガウェンディーズ」の販売を決めたという。

 ウェンディーズ西銀座店(東京都中央区)で実物を作ってもらった。包装された状態ではそれほど大きくは見えない。包み紙で同社キャラクターの女の子も微笑んでいる。これなら案外楽勝なのでは?と予想した。しかし、包みを開けると丸いバンズに収まりきらない四角いパティ(肉)やベーコンが四方にはみ出している。不敵な様相に恐れをなしつつかぶりつくと、肉、肉、また肉の迫力。

 ゼンショーによると「スーパーメガウェンディーズ」の全重量は380g、熱量は970キロカロリーで、「日本マクドナルド」(東京都新宿区)が期間限定で発売した「メガマック」の292g(日本マクドナルド)や「バーガーキング」(東京都渋谷区)の「ワッパー」の290g(毎日新聞調べ)と比較しても、一回り大きい。

 量だけなら100g×3枚のパティのみで充分。だが、ウェンディーズではそこにカリカリに焼いたベーコンを2枚乗せて見た目や食感にアクセントを持たせた。また、パティとパティの間にチーズを挟み、味の調和にも気を配っている。質・量ともに満足しながら食べ終えた。

 「ファストフードもいいけど、もう少しゆっくりメガを味わいたい」という方には朗報が。ゼンショーグループは、傘下のファミリーレストランでも期間限定でメガシリーズを展開することを決定した。

 ファミリーレストランチェーンの「ココス」では13日から08年1月6日までハンバーグ3枚を積み上げた「メガハンバーグ」(480グラム、1344円)を、「ビッグボーイ」(関東・関西・九州地方での呼称。東北地方は「ミルキーウェイ」、北海道では「ヴィクトリアステーション」名で展開)では14日から1月31日まで「メガサーロイン」(450g、2604~2709円で店舗により異なる)を提供する。ココスのメガハンバーグはなんと2097キロカロリーで、成人男子の1日分の熱量を一食で補給できてしまう。

 くしくも、「メガ」ブーム火付け役のマクドナルドの「メガたまご」と「メガトマト」が14日から期間限定で発売される。各社がボリュームたっぷりの自信作を投入する「メガ合戦」は今後も続きそうな気配だ。

第一段全翻:
自麥當勞「無敵大麥克」引起的「大」風潮,與之競爭的「超越無敵」出現了。日本溫蒂漢堡推出的「超級無敵大溫蒂」(500),12日發售前先去試吃了! (實物照)


↑「メガマック」

作者認為份量不只幹掉「無敵大麥克」,還幹掉了漢堡王的「華堡


↑台灣的新華堡系列,很貴,但很大一個.....吃得好撐


上個月,麥當勞才發表系列新作「無敵大蛋蛋」跟「無敵大蕃茄」!

マクドナルド“メガ”シリーズ第3弾は「たまご」と「トマト」 流行加速か

 日本マクドナルドは15日、好評の「メガ」シリーズに「メガたまご」と「メガトマト」を追加する、と発表した。第1弾の「メガマック」は、食品の量を増やして満足度を高める手法の火付け役で、“本家”のラインナップ拡大に流行はさらに加速しそうだ。12月14日~08年1月10日までの期間限定販売。 
 マクドナルドは07年1月にビーフパティ4枚を使った「メガマック」を限定発売。これまでに約2000万個を売り上げ、6月には第2弾として「メガてりやき」を発売した。同社によると、利用者からラインナップ増加の要望が多く、発売を決めたという。いずれも、全国の店舗で販売するが、販売時間は朝マック販売店舗では午前10時半~閉店まで、24時間営業店舗では午前5~10時半までの朝マック時間帯以外。

 「メガたまご」は、ビーフパティ3枚に、タマゴ、ベーコン2枚、レタス、チーズを3枚のバンズで挟み込んでいる。ソースは、ホットからしソースで、ボリューム感とタマゴのマイルドな味が一度に楽しめる。単品は360~390円で、マックフライポテトMサイズとドリンクMサイズがセットになった「バリューセット」は660~690円、マックフライポテトSサイズとチキンマックナゲットとドリンクMがセットになった「メガスマイルセット」は740~770円。

 「メガトマト」は、ビーフパティ3枚とトマト、ベーコン2枚、レタス、チーズをホットからしソースで味付けし、3枚のバンズでサンドしている。単品は370~400円で、メガたまごと同じ構成の「バリューセット」が670~700円、「メガスマイルセット」が750~780円となっている。【乗峯滋人】



↑麥當勞"メガ"シリーズ第3弾「メガたまご」&「メガトマト」


年中則是推出了「無敵照燒堡」、「無敵麥香魚」跟「無敵雞腿堡

みんなのニュース:大好評メガマックの「兄弟」発見

 2枚のチキンの間にパンが挟まっているメガチキンフィレオ 肉はビッグマックの倍の4枚、栄養価は1個で754キロカロリーというボリュームながら、販売開始から3日間で予想の約3倍を売り上げ世間を騒がせている「メガマック」(350円)に、“兄弟”が出来ていたことが7日、分かった。その名も「メガテリヤキ」(300円)、「メガフィレオフィッシュ」(300円)、「メガチキンフィレオ」(350円)だ。

 「メガテリヤキ」は、テリヤキの肉が2枚になり、その間にパンが挟まっており、ビッグマックのテリヤキ版といったところ。「メガフィレオフィッシュ」は、フライが2枚挟まっているが、パンはなく、ダブルバーガーのフィレオフィッシュ版だ。「メガチキンフィレオ」は、「メガテリヤキ」同様、2枚のチキンの間にパンが挟まっている。

 日本マクドナルド広報部によると、これらの商品は短期間のテスト販売で、販売店舗は都内の数店舗のみ。販売店舗の拡大や継続販売の予定もまったく未定という“レア商品”だ。

 「メガテリヤキ」と「メガフィレオフィッシュ」を販売している港区内の店舗の女性店員によると「外国のお客様が多く、よく買っていかれる」といい、2種類とも同じくらいの売れ行きという。千代田区内の店舗では、2月6日から「メガテリヤキ」「メガチキンフィレオ」の販売を始めた。「メガチキンフィレオ」を食べた小学3年生の男の子は真剣な表情で食べ始め、「やっと半分だぁ」とため息をもらしていた。

 気になる栄養価だが、「メガチキンフィレオ」が573キロカロリー、「メガフィレオフィッシュ」が502キロカロリーと若干低めだが、「メガテリヤキ」は793キロカロリーと「メガマック」を凌駕する。お腹周りが気になる方は要注意だ。

 予想外のヒットを記録した「メガマック」同様、“兄弟”たちも“メガヒット”となるか。【デジタルメディア局・岡本同世】



↑「メガてりやき」(300円) 


↑「メガフィレオフィッシュ」(300円) 


↑「メガチキンフィレオ」(350円) 


台灣肯德基也有「卡啦巨無霸」啊!
而且巨無霸系列幾年前就有了,所以肯德基才是引進流行的先驅!?


↑「莎莎巨無霸」  還沒吃過 只吃過一般版跟天府花椒口味


當各家速食店都在爭相漲價之繼
推出大份量系列也算一點點對消費者的補償吧!

最後再補一張無敵大照燒,看起來好好吃啊~

 

taker 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(1) 人氣()


留言列表 (1)

發表留言
  • taker
  • 無敵系列新力軍--無敵滿福堡!!

    <マクドナルド>マフィンもメガ化 メガマックはレギュラーメニュー入り
    3月13日22時13分配信 毎日新聞

     日本マクドナルドは13日、午前10時半までの朝メニューの時間帯に「メガマフィン」(260~290円)を販売すると発表した。4月4日~5月8日の期間限定。現在販売されている「ソーセージエッグマフィン」に、パティとベーコン1枚ずつを追加し、ケチャップを使った新味を加えた。既に埼玉県内の数店舗で2月にテスト販売しており、好評だったという。     

     さらに期間中、午前10時半から午後7時までは「メガマック」(340~380円)を、午後7時以降は「メガてりやき」(320~360円)も販売し、一日中いずれかの「メガ」商品を味わえる。メガマックは、キャンペーン期間終了後もレギュラーメニューとして販売を続ける。

     07年に断続的に販売したメガマックは、ビーフパティ4枚というボリュームを売り物に計115日の販売で2300万個を超えるヒット商品となったという。また、第2弾として登場した「メガてりやき」も07年6月からの約1カ月間の販売ながら好評を博し、今回の復活につながった。同社によると、「メガシリーズ」の販売は、午前10時半以降だったが、朝からしっかり食べたいというファンの期待に応えたという。