野田妹回來啦~

のだめ映画化!樹里&玉木コンビ帰ってくる
12月10日8時1分配信 サンケイスポーツ

 フジテレビ系人気ドラマ「のだめカンタービレ」が映画化されることが9日、分かった。破天荒なピアニスト、のだめを演じた上野樹里(22)と天才指揮者、千秋役の玉木宏(28)が連ドラ、スペシャルドラマに続き登板。長期欧州ロケを行い、2009年12月に第1弾、その3カ月後の2010年春に第2弾が封切られるという邦画史上初の“連続上映”となる。

 「ギャボッ。千秋センパ~イ、のだめが映画になっちゃいますよぉ。しかも2本連続ですよぉ」。と、のだめこと野田恵が叫ぶに違いない、破格の映画化が決定した。

 まずは、その上映時期。「のだめカンタービレ THE MOVIE I」(仮題)は来年12月の冬休み映画。「II」はその約3カ月後に春休み映画として登場する。これは、配給の東宝も「これだけ短期間に続編が封切られるのは、前例がない」と驚く早さだ。

 フジテレビドラマ制作センターの若松央樹プロデューサーは、「中身が濃すぎて、とても2時間には収まらなかった。だったら2本作ってしまおうということになりました」と笑い、映画事業局の前田久閑プロデューサーは「Iを見たら、早くIIを見たいと思うはず」と自信を見せた。

 次は音楽へのこだわり。来年5月から5カ月間、クラシックの本場、欧州ロケを含む長期撮影を敢行。名門オーケストラに出演を依頼、有名なコンサートホールを借りるなど、クラシックファンの期待を裏切らない演奏シーンにするという。

 物語は連ドラとスペシャルに続く形で、のだめと千秋の音楽的な成長を描く。スペシャル版はキスシーンで終わっているだけに、恋の行方が気になるが、若松氏は「詳細はまだわかりません」と語らず、関心を誘った。

 奇声をあげ、飛び、転ぶのだめのキャラクターがハマり、ファン層を広げた上野は、「皆さんが見てくださったおかげで、映画化が決まり本当にうれしい。とても大がかりになると思いますが、いい作品になるようがんばります」。玉木も「映画2作分は撮影期間も長いですが、前回よりパワーアップできるよう、真剣にやりたい」と指揮棒を振る日を待っている。また、原作者の二ノ宮さんは、「映画ならではの大スクリーンと素晴らしい音響で、演奏シーンが見られることを楽しみにしています。スタッフ、キャストの皆さんがんばってください」とエールを送った。
 

昨天只有網路消息 今天新聞正式發布了!
(奇怪富士自己早上的新聞卻沒有做很大...)

富士真的是越來越愛拍電影了
反應不錯的戲劇都要給他來一部 這次還一次來兩部!

製作人表示:
從明年五月開始 要在歐洲長期拍攝五個月
名門交響樂團支援演出、也借到了知名的音樂廳
不會辜負古典樂迷的期待之外~
野田妹和千秋先輩「恋の行方」更是不會讓大家失望  XD

2009 12月冬休 第一部上映
2010     第二部上映

(DVD又可以出好幾片 周邊又可以賣到翻啦~)

聽說漫畫也漸漸走向結局
會不會這次就一次搞定呢?

歐洲特別篇都已經拍得這麼好
兩部電影版更是大製作、大場面 真是令人期待呀~
會不會拍一拍拍太多 明年秋天先來個SP暖暖身呢  XD


           千秋センパ~イ」

taker 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()